オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
四葉のクローバー

icon title 飲酒

社会人として生活するようになると、1日の大半を会社で過ごすことになります。
時には残業をしないといけない日もありますし、実際は家にいる時間の方が長くても、睡眠時間を除けば会社で活動している時間の方が長く感じるはずです。
そうなると、仕事のために起きて、会社へ行き、会社から帰って来ても明日に備えて寝るという生活になります。
しかし、それではストレスが溜まっていく一方なので、自分で適度にストレスを発散しなければならないのです。

体の健康を保つには、適度な運動やバランスのとれた食事で対応できますが、心の健康を保つには自分で楽しいと思うことをするしかありません。
そして、手っ取り早く開放的な気分にしてくれるのがお酒であり、お酒を飲みながら女性と会話ができるお店というのは、それだけで男性が安らげる空間となるのです。
お酒にはドーパミンの分泌を促す働きがあり、お酒を飲みながら女性と会話をすることでストレス解消の相乗効果を狙えるのです。
そのため、ガールズバーやキャバクラやセクキャバでは、女性と会話ができるというだけでなく、お店でお酒も取り扱っているのです。

ガールズバーでは、女性が隣に座ってくれませんが、そのかわりにビキニ姿やコスプレ姿で接客をしてくれるところもあります。
また、キャバクラでは髪の毛をセットしていたり、ドレスを着たりして隣に座って会話をしてくれます。
そして、セクキャバでも色々なコスプレで楽しませてくれるお店がありますが、会話だけでなく女性の体を触れるので、男性はこれらのお店で癒しを得ることができるのです。

白いワンピースの女

icon title 活動

学生の時は学校が、社会人になると会社が日々の活動の中心となります。
朝起きて学校や会社に行き、帰宅をして、翌日も学校や会社に通うという毎日になります。
しかし、学校や会社に異性が少ない場合は、異性と会話をする機会が極端に少なくなってしまう可能性があります。
そういう時も、男性であればガールズバーやキャバクラなどに遊びに行けるので、時にはこういったお店へ飲みに行くことが楽しみの一つとなるはずです。

ただ、ガールズバーやキャバクラへ一度も行ったことがない人にとっては、これらのお店がどんなお店で、どんなところが違うのかわかりづらいでしょう。
一番の違いは、ガールズバーというのはバーであり、キャバクラというのはキャバ嬢が働いているということです。
ショットバーやダイニングバーなどをイメージしてもらうとわかりやすいのですが、バーテンダーは基本的にカウンターの中から接客をしています。
ただ、カウンターから離れたテーブルがある時や、団体席を用意する時などは、バーテンダーがカウンターから店内へ出てくることもあります。
そういったスタンスを守っているのがガールズバーであり、キャバクラと比べるとガールズバーの方が初心者の人には行きやすいお店だと言えます。
また、ガールズバーには女性も行けることからも、店内では男性向けのハードなサービスが行われていないことが想像できます。

そして、キャバクラというのはキャバ嬢が働いているお店です。
そもそも、キャバクラで働いている女性のことをキャバ嬢というので、ここでキャバ嬢が働いているというのは当たり前のことです。
キャバ嬢は、男性の隣に座って接客をしてくれます。
ガールズバーでは、女性と日常会話もしますが、キャバ嬢は男性をほめたり持ち上げたりしてくれるます。
ちなみに、女性にお触りができるのはセクキャバなので、キャバクラと間違えないようにしましょう。

足が綺麗

icon title 特徴

セクキャバは、女性の体に触れるキャバクラのようなお店です。

ガールズバーは、女性と一緒に飲みに行ってもいいので、普通のショットバーと似ている感じのお店です。